• ホーム
  • つらいトリコモナスの症状にはフラジールを!特徴と効果

つらいトリコモナスの症状にはフラジールを!特徴と効果

2020年02月04日

フラジールはトリコモナスなどのさまざまな感染症を治療することができ、幅広い適応菌種を持っています。トリコモナスに対して特に高い有効性を発揮することができ、有効成分にはメトロニダゾールを利用しています。飲み薬と膣錠などがあり、トリコモナス治療には飲み薬がおすすめです。フラジールの飲み薬を使用した治療において、原虫の再出現率は低いことが分かりました。原虫は膣内はもちろん尿道にも拡散していることが多く、膣錠だけではフラジールの成分を十分体内に届けることができません。トリコモナスを確実に治療するには、全体的に作用できる飲み薬が有効的です。

発症すると膣内の環境を維持する善玉菌の働きが弱るので、他の病原菌による感染に対して無防備な状態になるので注意が必要です。二次感染により膣の炎症が悪化したり、性器から悪臭がするなどの不快な症状を伴うようになるでしょう。膣内の善玉菌機能が衰える中高齢者の場合、トリコモナス治療と平行しながら他の細菌も治療するケースがあります。適応菌種が幅広いので、トリコモナスの原因であるトリコモナス原虫はもちろん、膣内において二次感染を起こしやすい菌に対しても除去することが可能です。同時に二次感染による悪化を予防することができ、原虫や菌類などによる感染症に対して効果のある抗原虫薬になります。高い抗菌や抗原虫作用によって病原体を除去することができ、性器の痒みや痛み、おりものの異臭などを改善することが可能です。

フラジールは偽膜性腸炎や嫌気性菌感染症、赤痢アメーバ症といった幅広い適応を持っていて、作用機序が独特なので一般的な抗生物質では効きにくいような細菌や原虫にも利用することができます。用量を守って水やぬるま湯と一緒に服用し、1回の用量として200mg錠の場合は1錠と1/4錠です。1日の服用回数は2回で、服用する期間は10日間になります。錠剤を分割し1回分の用量を調整することができ、飲み忘れたとしても2回分を纏めて飲んではいけません。症状が治まったとしても、必要な服用期間をきちんと守りながら服用していきます。服用期間中はお酒を控えておき、有効成分がアルコールの毒素を分解する酵素を阻害するので、血中アセトアルデヒド濃度をアップすることによっていろいろな副作用を発生させるリスクが高まります。幅広い菌に対応することができるので、トリコモナスなどのさまざまな症状に処方されることが多い医薬品です。使用している人が多いので、安全・安心して服用することができます。