• ホーム
  • カンジダのかゆみや痛み・・・治療するならサワシリン!特徴と効果

カンジダのかゆみや痛み・・・治療するならサワシリン!特徴と効果

2020年01月17日
ウィルス

カンジダの痒みや痛みに悩んでいるなら、サワシリンを利用すると良いでしょう。サワシリンは細菌を殺菌する治療薬で、細菌が原因になるさまざまな病気に使用することが可能です。カンジダなどの感染症は病原微生物が人体に侵入し、何かしらの悪さを行う病気です。主な症状には腫れや発赤などを生じたり、化膿したり痛みや発熱などよって苦痛をもたらすことが多いです。

これは病原微生物と戦う身体の防衛システムになるのですが、不快な症状が続くので悩んでいる人は多く誰にも相談できずにいる人もいるでしょう。病原微生物は細菌やウイルス・真菌などが含まれていて、細菌による感染症には治療薬が有効的です。サワシリンはグラム陽性菌や一部のグラム陰性菌などにも有効的で、病原菌が除去されると腫れや発赤などがましになったり、痛みがとれたり熱があれば解熱することができます。サワシリンはカンジダはもちろん、いろいろな細菌に有効的で呼吸器や耳鼻科などの領域において広く利用されています。喉の痛みや発熱など伴う風邪にもよく処方されていて、細菌による二次感染やその予防などに利用することが可能です。

サワシリンの薬理について、細菌の細胞壁合成を抑えることによって作用することができます。ペニシリン系の抗生物質で、グラム陽性菌などを中心にインフルエンザ菌などグラム陰性菌の一部に有効的です。扁桃炎や咽頭炎や気管支炎、中耳炎といった比較的軽いような感染症にも利用することができ、ペニシリン系は高い安全性を誇る抗生物質なので安全・安心して使用することができます。カプセルや子供向けシロップ用細粒などもあり、胃炎や胃潰瘍の原因になっているピロリ菌を除菌するにも使用することが可能です。

サワシリンカプセルの場合、ヘリコバクター・ピロリ感染などを除く感染症として、アモキシシリン水和物として1回250mgを1日3~4回服用していきます。年齢や症状によって適宜増減することができ、子供の場合はアモキシシリン水和物として1日20~40mgを3~4回に分割して服用しましょう。基本的に安心して服用することができますが、いくつか副作用があげられます。例えばアナフィラキシーショックによる呼吸困難や全身潮紅、血管浮腫や蕁麻疹などです。観察を十分に行いながら不快感や口内異常感、喘鳴や耳鳴などが現れた場合投与を中止し、医師に相談することをおすすめします。いろいろな菌に対応することができ、カンジダやブドウ球菌属、レンサ球菌属や肺炎球菌なども有効的です。