• ホーム
  • 尖圭コンジローマのイボを改善!ベセルナクリームの効果と入手方法

尖圭コンジローマのイボを改善!ベセルナクリームの効果と入手方法

2020年02月23日

尖圭コンジローマはウイルスによる性感染症で、性器や肛門の周辺において疣贅というイボが多く現れます。たくさん集まるとまるでカリフラワーやニワトリのとさかなどのように見えるケースが多く、イボができたことによって自分が感染していることに気づく人が多いです。ベセルナクリームは尖圭コンジローマを治療することができ、直接イボに塗ることによってウイルスへの免疫力を高めたり、ウイルスの増殖を抑制することができます。

ウイルス感染の細胞障害によってイボを消失することができ、不快な症状を改善することが可能です。ベセルナクリームは尖圭コンジローマや日光角化症などを治療することができ、日光角化症は紫外線を長期にわたって浴び続けることから起こされる皮膚症状、特に高齢の人に見られます。そのまま放置していると皮膚がんに進行するケースがあるので注意が必要です。ベセルナクリームは日光角化症などに対しても、有効な薬としてよく利用されています。主に尖圭コンジローマを治療するのに利用されていて、国内初の治療薬になります。現行の外科的療法と比較すると侵襲が少なかったり、治療を簡便に行うことができるでしょう。再発率も低いと言われていて、日光角化症に対する効果も追加承認されています。

ベセルナクリームの使い方について、尖圭コンジローマと日光角化症などでは使用する部位や使用期間など異なるので注意が必要です。決められた用法用量を守りながら、使い過ぎると重い皮膚障害などを引き起こすこともあるので、医師から指示された方法において正しく利用することをおすすめします。一般的に1日1回就寝する前に塗布することになり、毎日ではなく週3回になります。曜日で分けるなど工夫し、塗り方は適量をとってクリームが見えなくなるまで皮膚にすり込みましょう。塗布した部位を絆創膏やテープなどで密封しないようにして、塗布した後しばらくそのままの状態を維持します。起床した後の6~10時間後に、塗布した薬剤を石けんを使って水や温水で洗い流しましょう。洗浄を忘れたり、そのまま放置していると、皮膚障害の原因になるので注意が必要です。尖圭コンジローマは性感染症の一つで、ヒトパピローマウイルスの感染によって発症します。自分が感染しているとパートナーも感染しているケースが多いです。一緒に治療を受けることをおすすめします。入手方法として病院で処方されたり、インターネットを使って個人輸入代行サイトなどから入手することが可能です。お得なセットを購入したり、たくさんのジェネリック医薬品を取り扱っているのでコストを抑えることができます。