• ホーム
  • 膣カンジダ症に悩んだら!エンペシド膣錠の効能と副作用

膣カンジダ症に悩んだら!エンペシド膣錠の効能と副作用

2019年12月29日
薬を飲む女性

膣カンジダ症に悩んだら、エンペシド膣錠がおすすめです。エンペシド膣錠はデリケートなエリアにおいて起こる症状に応じて、しっかりケアすることができます。腟にある原因菌に高い効能があり、腟カンジダの再発治療薬として人気があります。腟に挿入する治療薬になっていて、水分によってスピーディに発泡しながら崩壊していきます。発泡錠になっているので、腟内において有効成分が広がり薬剤が持つ効能が行きわたる仕組みです。エンペシド膣錠を利用する際、エンペシドクリームを併用すると効果がアップします。症状や部位に合わせて、腟錠かクリームを選択することが可能です。

カンジダ菌に非常に優れた抗真菌作用を持っているクロトリマゾールが配合されていて、カンジダの原因菌はカンジダアルビカンスが多いです。クロトリマゾールを利用することによって、カンジダアルビカンスに対し高い抗菌作用を発揮することができます。無着色で無臭の錠剤になっていて、油脂性成分を使っておらず夏でも溶けにくくできています。発疹を伴うような外陰部のかゆみにはエンペシドクリームを併用すると良いでしょう。腟カンジダの再発によって発疹がある外陰部のかゆみがあるなら、クリームを併用すると効果的です。エンペシド腟錠と同じくカンジダ菌に対して優れた抗真菌作用を持っていて、同じくクロトリマゾール成分を配合しています。

エンペシド膣錠の使い方は簡単で、成人(15歳以上~60歳未満)の場合1日1回就寝前に利用すると良いでしょう。1錠を腟の奥に挿入し、6日間毎日続けて利用することが大切です。3日間使用しても何かしら症状の改善が見られなかったり、6日間使用しても不快な症状が消失しないなら医師の診療を受けることをおすすめします。使用する前に入浴したり、患部をぬるま湯で清潔にしましょう。手を石けんで洗い、腟錠を指先で腟の深いところに挿入します。挿入した後患部に触れた手は石けんでよく洗います。生理中は使用しないようにして、もし生理になった場合使用を中止しましょう。基本的に副作用はないですが、まれに現れることがあります。主な副作用として熱感や刺激感、?痒や発赤、疼痛などが報告されています。基本的に副作用がほとんどないので、安全・安心して利用することが可能です。身体の内側から治療することができるので、短期間において不快な症状を改善してくれます。尚、初めて症状が現れた場合、他の病気が原因というケースもあるので医師の診療を受けることをおすすめします。