• ホーム
  • STDに感染しない為にはどんな対策をするべきなのか?

STDに感染しない為にはどんな対策をするべきなのか?

2019年12月02日
病原体

STDは一度の性行為でも、相手がSTDだとうつる可能性があります。ウイルスは精液や膣分泌液、血液といった体液に含まれていて、性行為を行うことによって主に人体の陰茎や膣、肛門や尿路などの粘膜を介して感染する仕組みです。感染するものであり免疫力が低下している場合を除いて、基本的に自然発生することはないでしょう。近年若者の間でSTDが拡大している傾向があり、中高年でも発症率が高いです。STDの恐ろしいポイントはうつったとしても無症状なことが多く、自覚症状がないので気がつかないことがあるでしょう。自覚症状がなくても病気は進行しているので、知らないうちにパートナーにうつしていたり、どんどん拡散されているかもしれません。

STDは性行為を持つことによって伝染するのが一般的で、病原体を含んでいる精液や腟分泌液・血液などが、口や性器の粘膜・皮膚などに接触するとうつる仕組みです。セックス(膣性交)やオーラルセックス(口腔性交)、アナルセックス(肛門性交)などでうつすことが多いでしょう。STDを予防する対策として、パートナーを限定することがあげられます。複数のパートナーと行為は感染する機会を増加するので、パートナーを特定することは大切な対策です。恋人や配偶者などに限定しておき、定期的にSTD検査を受けお互いが感染していないということを確認するのも良いでしょう。

早期発見・早期治療を行うために、少しでも不安があれば検査することをおすすめします。早めに治療すると治りやすく、不妊といった後遺症を残さず回復することが可能です。できるだけパートナーも一緒に検査を受け、必要があればきちんと治療を受けましょう。より安全な性行為が大切で、必ずコンドームを着用することをおすすめします。コンドームは避妊対策にも効果がありますが、同時にバリアのような役割も果たしているので、感染している相手の精液や膣分泌液などが口や性器の粘膜などに接触することを予防することが可能です。コンドームでは予防できない種類もありますが、現実的且つ確実な方法として利用することができます。オーラルセックスにもコンドームが必要で、喉に感染することがあるので注意が必要です。コンドームやラップなどを利用することで、感染することを予防することができます。例えば性器ヘルペスの場合、感染経路として性器や口、口唇周囲や肛門などから感染することが多く、潜伏期は2~10日ぐらいです。主な症状として性器の痒みや不快感、水泡やびらんなどが現れます。再発を繰り返すケースが多いので、きちんと治療することをおすすめします。