• ホーム
  • STD別に効果的な治療薬を紹介!気になる入手方法とは

STD別に効果的な治療薬を紹介!気になる入手方法とは

2019年12月14日
薬を飲む人

性感染症は性的な接触によって感染するもので、STDと呼ばれています。性病という呼ばれ方もありましたが、現在は性感染症と呼ばれていることが多いでしょう。STDは自覚症状が少ないのでなかなか感染していることに気付かず、多くの人にうつしている可能性があるので注意が必要です。いろいろな性病の種類がありますが、その種類によって誰かにうつしてから実は自分も感染していたということが分かるケースもあります。早期に感染を把握する必要があり、予防としてSTDを防ぐためコンドームを着用することが大切です。それでも感染してしまった場合、性病の種類によって効果的な治療薬を利用することができます。いろいろなSTD用治療薬が販売されているので、効率良く症状を改善することが可能です。

例えばクラミジアの場合、男性は尿道から分泌物が出たり、排尿痛や尿道の痒み・不快感などを感じることが多いです。女性はおりものが増加したり、下腹部の痛みや不正出血などが現れます。クラミジアを治療する場合、マクロライド系抗生物質を利用することがあり、細菌が繁殖するのに必要なたんぱく質合成を阻害することが可能です。細菌の増殖を予防することができる抗生物質で、アジスロマイシン成分などを使って治療する薬があります。中にはジェネリック医薬品があり、リーズナブルな価格で使用することが可能です。性器ヘルペスの場合、男性はヒリヒリ感やむず痒さを感じたり、水ぶくれや強い痛み・発熱があるでしょう。女性は水ぶくれや排尿時の強い痛み、発熱や潰瘍などが現れます。ヘルペスを治療するのにいろいろな治療薬があり、ウイルスを阻害する作用する治療薬を服用することになります。単純疱疹や帯状疱疹などに利用することができ、ヘルペスの再発を抑制することが可能です。

バラシクロビル成分が含まれているものがあり、ウイルスの増殖を抑えることができるでしょう。梅毒の場合、感染部位において硬いしこりや痛みのないしこり、ピンクのあざなどが現れます。ペニシリン系治療薬が利用されることが多く、初期症状において服用すると短期間において症状を改善することが可能です。STDにはいろいろな種類があり、それぞれの症状に応じて治療薬を使い分けることが可能です。症状に合った医薬品を選択することによって、効率良く短期間において症状を改善することができます。スピーディな治療を行うためにも早期発見が大切なポイントになるので、異変を感じたら医師に相談することをおすすめします。治療薬は病院において処方されたり、インターネットを利用して個人輸入代行サイトから注文することができるので便利です。海外から医薬品を購入することができ、ジェネリックなども入手することが可能です。